FX取引と、通貨を銘柄にしたバイナリーオプションは、同じ取引業者内で取り扱われるほど親和性があることで知られています。

では、FXとバイナリーオプションでは、どちらがよりお得に資産を増やしていく事が出来るでしょうか。

その答えは、為替相場の値動きの状態と、FX、バイナリーオプションのそれぞれの取引きの形態の違いによると思われます。

FXは、投資家自身が通貨を売買して利益や損失を決めていきますが、バイナリーオプションは、あらかじめ指定されている条件に為替レートが達するかしないかによって利益や損失が決まります。

つまり、FX取引では、投資家本人が新規の売買注文で通貨を保持し、その通貨の価値が相場の変動で変化するのを待つために、為替レートの動き方によっては、とても大きな利益を得ることも可能であると同時に、考えられないような損失を被ってしまう可能性もあるわけです。
これは、取引き的に言えばハイリスク、ハイリターン型の投資取引になります。

これに対し、バイナリーオプションでは、決められた条件が一定時間の間に達成できるか、できないか、という選択に対して予測を立てて資金を投資していくため、予測が当たれば決まっていた配当金が受け取れることができて利益になり、外れれば投資金がすべて失われて損失になることになります。
こちらは、FXと比較すれば、ローリスク、ローリターン型の投資取引になるでしょう。

まずはこの特性をどうとらえるかによって、どちらかが得であるのかは、ある程度決まると思います。
手間を少なく安定した利益を求めて、それを積み上げていくのであればバイナリーオプションが向いているでしょうし、為替レートの予測に時間を注いで、利大損小を狙うのであれば、細かな戦略を練ることができるFXが有利と言えます。

次に、為替相場の動きになりますが、FXでは値動きが大きく一方向に動いては反転していくような、いわゆるトレンド相場では利益が大きく取りやすくなりますが、値動きがほとんどないレンジ相場などでは、利益を上げることが非常に難しくなります。

これに対し、バイナリーオプションは、どんな相場になっていても、判定の結果が出れば取引は成立するので、相場の動きに全く左右されず、常に一定の利益しか得ることができません。

このように、FXとバイナリーオプションはその取引きの仕組みや、相場に対しての得手不得手がそれぞれに別れているので、それぞれを使い分けていくのも良い手法かもしれません。