fsssd88 バイナリーオプションというとてもシンプルな金融取引があります。これはある時点での通貨の価格を予想して、それより値上がりするか値下がりするかを当てるという取引です。

二者択一で当てるということで、まるでカジノのギャンブルのような内容ですが、これもまたしっかりとした金融投資なのです。ただ、やはり性質上ギャンブルとかなり近いところがあるため、日本では規制が強くなってしまいました。そのために、バイナリーオプション取引を行う場合は海外の業者に口座を開設して行う人が増えています。

しかし、海外の口座には安心して資金を預けられるものなのでしょうか?たとえば経営破綻などしてしまった場合、日本の法律が適用されるわけではないので、そのまま資金もなくなってしまうのではないかという不安があると思います。日本国内では基本的に信託保全という制度によって、顧客から預かった資金は信頼度の高い金融機関に預けられています。

これによって、仮に資金を預けた業者が経営破綻したとしても、ちゃんと金融機関が保証して返してくれる仕組みとなっているわけです。ところが海外の場合はそれに当たる制度があまりなく、業者が経営破綻すると口座に預けていたお金もそっくりそのままなくなってしまった、というケースもよくあることなのです。

その対策として、一部の海外業者では事前に信託保全を行っているところもあります。特に日本人向けにサービスを展開している業者の場合は、信託保全によって資金が管理されているところも多くなっています。口座を開設する前には、そのような対応がされているかどうかをしっかりチェックしておいてください。

もしお金を預けている業者が経営破綻してしまったら

バイナリーオプション取引を行おうとしている人は、どの業者を利用するか事前に慎重に考えておく必要があります。取引を始めるには、基本的にその業者で口座を開設することになります。そのとき確かめておきたいのが、信託保全がしっかりされているのかどうか、ということです。

信託保全がされていない場合、仮に業者が経営破綻してしまうと、それと同時に口座に預けていた資金もなくなってしまうといったトラブルは十分に考えられます。しかし信託保全さえされていれば、たとえ同じような目に遭ったとしても、資金はしっかり別に確保されているので手元に返ってくるのです。ところが、この信託保全の有無というのが、意外と簡単にチェックすることができないのです。

なぜなら、結局のところ信託保全されているのかどうかという情報に開示義務はなく、それを伝えるかどうかは業者の判断次第となっているためです。そのせいで信託保全のない業者を選んでしまい、倒産して困ったというトラブルを実際に抱えている人は大勢います。

海外の業者というものは、特に安全面でのトラブルが起こりやすい面があります。まず、バイナリーオプションを海外業者で取引するさいには、信託保全がされているのかどうか、そのあたりを確認して判断基準にするようにしましょう。